“Roots”
aquatic plants/tropical plants
トップページへ

更新情報 当店について 通信販売 水草について ピクタム
ギャラリー
ソーシャル
メディア
リンク 地図 ブログ
アーカイブス

ブセファランドラについて

メニューページへ

Sponsored link

テトラ イニシャルスティック 300g 関東当日便

価格:931円
(2018/4/8 16:58時点)
感想(145件)


カミハタ 水草専用肥料OKOSHI(おこし)100g(約20個)入り 水草 固形肥料 関東当日便

価格:980円
(2018/4/8 17:03時点)
感想(1件)


テトラ クリプト10錠入 関東当日便

価格:650円
(2018/4/8 17:09時点)
感想(50件)


アズー アクアスケーピンググルー 4g×2本入 水草水槽用 関東当日便

価格:620円
(2018/4/10 17:20時点)
感想(3件)



水作 プロホースエクストラ M 関東当日便

価格:850円
(2018/4/8 17:27時点)
感想(25件)


JUN プラチナソイル パウダー 8L 熱帯魚 用品 お一人様3点限り 関東当日便

価格:1,580円
(2018/4/8 17:20時点)
感想(245件)





ブセファランドラ


サトイモ科の植物で、ボルネオ島に自生しています。北側のマレー領、
南側のインドネシア領共に見られます。
現地では渓流のようなところに主に水上葉で生育しており、
時折水中にも見られます。岩などに着生していることが殆どです。

2005年くらいからアクアリウムに登場した比較的新しい水草で、
同じくらいの時期にファームからのブセファランドラと思われる
サンプルが入荷しています。サンプル品は極限られた数量だったので、
殆ど知られていません。

2006年にTB便のシンタンが広く紹介され、ブセファランドラが
一般的に知られることになりますが、その頃はまだ特定のショップのみで
販売されていたため、現在のように広まることはありませんでした。

その後、マニアに親しまれるようになり、採集物が継続的に入荷
するようになると、全く異なる個体が見られたため、コレクション性も
高まり、更に人気を博すこととなります。

基質に着生することで、水草として非常に扱いやすく、
アヌビアス ナナだと大きすぎる小型水槽にも容易に用いることが
出来るため、現在でも人気です。

しかしながら、入荷ルートが多岐にわたるようになり、タイプや
名称が混乱を極め、状況を把握できているのは極一部のユーザーと
なっていると思われます。




入手について


以前は採集物の水上葉が殆どでしたが、現在は海外の水草ファームで
生産されており、組織培養カップでも販売されています。
また、国内での増殖株の場合は多くが水中葉となっています。

様々なルートから採集物も継続的に入荷しているので、それらを
入手する機会も増えていると思います。
しかしながら、状態が悪い場合もみられるので、葉が殆ど無いもの、
溶けているものは避けるようにします。

特定のタイプを入手する場合はその「商品名」だけで購入するのは
避け、そのタイプがどのような特徴を持っていて、どのルートで
入荷するのかを確認するようにします。
残念ながら「名称」のみがそれで「実物」が異なるものが
販売されている場合があります。



用意すべき環境


小型種から大型種までありますが、水草水槽に用いる場合は、
水中の栽培に適した種類を使うようにするため、おのずと中小型種と
なります。ですので、水槽は小型の物から使用することが出来ます。
水質を安定させることを考えると30センチ以上あれば良いと思います。

底床はソイル系、大磯などの砂礫、田砂等でも問題はありません。
pH に大きな影響を与えるようなものでなければ使用できます。
底床の厚さはブセファランドラのみを栽培する場合は薄くても
構いません。
着生させる場合は溶岩石や流木などを用意しますが、現地では
岩に着生しているので、石の方が付きやすいと思います。
もちろん底床に植えこんでも栽培出来ます。

照明は水草用のLED1灯あれば育成することが可能です。

二酸化炭素は必ずしも必要ではありませんが、成長速度を
上げたい場合や密生させたい場合は添加すると
効果があります。

肥料は主に液体の物を使用します。添加量は極少量に
します。ブセファランドラと水槽の状態、管理状況で
上手く加減できると良好な成長が見られます。

フィルターは水槽サイズにあったもので、適度な水流が
作れるものであれば、タイプは問いません。

ブセファランドラは高水温を好まないため、夏場の水温上昇を
避けるためにファンを用います。




日々の管理


新鮮な水を維持するために定期的に換水します。

新規の水槽の場合は換水とガラス面のコケ取りだけで
大丈夫かと思います。

既に安定しているような水槽であれば換水と極少量の
液体肥料を添加します。

石や木等の素材に着生させた場合、それを置いた下は
どうしても汚泥が堆積してしまうため、換水の際には時々
着生した素材を動かして、その下をクリーニングするようにします。

ブセファランドラは成長すると根茎が長く伸びてくるので、
着生させている基質から大きくはみ出します。そこで
はみ出した部分はカットしてまた別の石などに着生させます。

根茎からは子株を生じますので、時間と共に株数が増え
ボリュームが増します。込み入ってくると内部にゴミが
堆積したり、光が当たらない部分が出てくるので、
適宜トリミングするようにします。


育成あれこれ


栽培は特に難しくはありませんが、入手した時の状態や、種類によって
導入後の展開に差が出る場合があります。

水上葉の場合は水槽の環境によって、水中葉を展開するまでに
かなり時間を要するケースがあります。
状況によっては展開する前に黒髭ゴケに覆われることもあるので
ブセファランドラの水槽は水草水槽として安定していることが
望ましいと言えます。

黒髭ゴケが付着した場合は、水槽のメンテナンスや環境の改善、
コケ取りの生体で対処するのがベストです。

状態よく成長した場合は根茎から生じる子株によって
ボリュームが増すのでトリミングや掃除を行いますが、
その際、着生したブセファランドラを取り出して、水道水で
洗うことは避けます。水上葉では大丈夫かもしれませんが、
水中葉では塩素などでダメージを受けるようで、数日後に
溶けだすことがあります。

東南アジアの小さなアヌビアスの仲間、と言った感じの水草
ですので、こちらもある程度割と時間をかけて栽培することなります。
特に水上葉から導入すると水槽に馴染むまでに数か月を要する
ことがありますので、焦らずじっくり向き合うと良いかと思います。

当初、ブセファランドラは4種ほどしかなく、入荷する多くが
モトレイアーナと言う種類と考えられていましたが、日本での
ブームによってもたらされてた多くのタイプが精査された結果、
多くの別の種類だったということがわかりました。
そのため、各種類で性質がそれなりに異なるので、
ブセファランドラだからすべて水中で育てるのに向いているかと
言えばそんなことはありません。

乱暴に区別すると小型〜中型未満の種類は水槽向き、
中型以上から大型種は水上栽培向きと考えれば概ね間違いは
ありません。もちろん栽培は出来ますが、同環境で何倍も
成長スピードが異なるため、水中向きと言うには少し難しい
かもしれません。



増殖

増殖のやり方はアヌビアスの仲間と同様と考えて間違いありません。
成長してと根茎が長くなればカットしておくと、生長点が無い側、すなわち
切り株側から子株を複数生じますので、ある程度のサイズになってから
取り外します。

根茎をカットせずにそのまま放置して栽培していても、そのうち
根茎のあちこちから子株が生じます。

根茎は長いものでもあまり細切れにしないようにします。


メニューページに戻る